「ちゃちゃっと作ってよ」「はあ?はあ?はあ?!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デザイナーなら一度といわず二度三度、忘れた頃にまた言われるこの言葉。

「ちゃちゃっと作ってよ。」

 

このセリフの後に作る、デザインの低クオリティったらないですよね。

モチベーションゼロだもの。

 

おそらく、「ちゃちゃっと」なんて言った本人は

行きつけの小料理屋で「いつもの」って頼むくらいの感覚で言っている。

 

我々デザイナーは

初めて小料理屋に来た客が、釣った魚を持ってきて

「コレでよろしく!」ってポイっと渡してくるくらいの感覚で受け取っている。

 

 

この差。圧倒的な差。

 

例えばですが、デザインを頼むというのは、

オーダー家具を発注すると思っていただく方がいいかと思います。

オーダーなんだから、

「どこに置く?」「用途は?」「サイズは?」「色は?」「素材は?」など聞かれて当然です。

それにプラスα、

職人がデザイン性や丈夫さ、部屋の雰囲気に合わせるなどの要素を組み込んで作るのです。

 

「お任せで!」と丸投げして玄関から入りもしないドでかい棚が仕上がったら、

たぶんだけどお怒りになりますよね?

そしたら喧嘩になりますよね?

 

 

チラシ1枚作るのも同じく、「コンセプト」「訴求目的」「ターゲット」などなど

いろいろ聞かないといいものなんて作れません。

 

その内容をサイズの中に収める「技術」と

販促・ブランディング・採用など用途に応じた「表現力・訴求力」、

スムーズに次の工程にまわすための「知識」を持つ、

職人なのです。

 

よくもまあ、ちゃちゃっとなんて。

 

ちゃちゃっと作れるならご自分でどうぞ。